TAG ガンスミス・アイヤマ

寝取られエロ漫画 【推しで童貞卒業】 〜オワコン気味の推しを応援し続けてたらリアルで生ハメ純愛セックスする仲になりました〜

「君が何度燃えようとも、僕は君を推し続ける。」

ネカフェで偶然出会ったトラブルメーカーは、僕の「推し」でした。

落ち目のネットアイドルを慰めたら、成り行きで濃密中出しセックス!
鬱要素・寝取られ無しのオール中出し&ハッピーエンド。

(「推し」=人に推し薦めたいほど好きな人物、アイドルのこと。)

――――――――――――

至高の没入感を目指した一人称視点型ショートストーリー!

セックスシーンは全て主観視点! 没入感抜群の濃厚エロスを追求!
異性の温もりや匂いまで感じ取れるかのような濃密な時間をお楽しみ下さい。

――――――――――――
【ストーリー】

自分は「特別な存在」ではない。そう気付いたのは、いつの事だったろう?

落ちこぼれで家族内に居場所がなく、ほとんどの夜をネットカフェで寂しく過ごしている『僕』。
いつものようにネカフェに訪れたある夜、奇抜な格好をした女の子が店員と揉めている現場に遭遇する。

なんと彼女は、活動初期から僕が最も推し続けているネットアイドル【キサラ】だった。
『京都生まれの小悪魔いけずメイド』を自称し、動画登録者数は14万人を超えるが……現在では何度も炎上事件を起こした影響で人気の凋落が著しく、最近では何をしてもネットニュースの話題にも上がらない、辛辣な言葉を使えば「オワコン」の配信者。
しかし僕は、そんな世間で嫌われている彼女を一途に応援し続けていた。

助け舟を入れてトラブルを解決した成り行きで、キサラと二人で一晩カップルシートで過ごす事になった。
そこで初めてキサラは、動画投稿の引退を考えていることを僕に打ち明ける。
何をしても人気が落ちていくばかりで誹謗中傷に耐え続ける毎日に疲れたのだという。

「君が何度燃えようとも、僕は君を推し続ける。」
キサラが居なくなるなんて嫌だ。僕は、今までの熱い想いを彼女にぶつけた。

必死な僕の訴えにキサラは苦笑しつつも、元気を取り戻した様子で僕に礼を言う。
そして気まずい沈黙の後、キサラはそっと僕に身を寄せた。

「……今だけは……おにいの彼女になってあげる……」

彼女の甘い吐息が、僕の理性を瞬く間に融かしていく。
そしてそのまま抱き合い、キスをして────さらに深く繋がり合っていく。

画面越しの関係は終わった。
きっと僕たちは、もう二度と離れない。

――――――――――――

作品形式:ストーリー付きCG集
全97ページ

イラスト:ですこ
企画/脚本/構成:相山タツヤ

ガンスミス・アイヤマ Twitter:@musesakuya02S

――――――――――――

寝取られエロ漫画 小悪魔系な京都女子と漫画喫茶で隠れて発情イチャらぶ中出しエッチしまくる話。さいなら、童貞。【そうだ、京都娘でイこう。】

そうだ、京都娘に「おにいっ…///」って甘えられながらイこう。

小悪魔系のいけずな京都女子と、漫画喫茶でしっぽり生エッチ!
京都弁で馴れ馴れしく絡んでくる女の子と、密室で何だかいかがわしいムードになって、成り行きであまあま童貞卒業セックスする話。
最後は幸せな中出しで純愛ハッピーエンド。(性悪寝取られ要素は無いです)

恋人のように甘ったるい特濃エッチな都会ラブストーリーをお楽しみください。

――――――――――――
◆ストーリー
家にいるのが嫌で、いつも漫画喫茶に通い詰める童貞男子の『僕』。
ところが今日は、隣のブースから男女のいやらしい喘ぎ声が聞こえてきて、安息の時間は脆くも崩れ去る。
ひょっとして、セックスをしているのは、僕がいつも気になっている可愛い常連客の『あの娘』ではないか。
そんな疑念を抱いて良からぬ妄想を広げていた最中、僕のブースの扉が開けられる。

「なぁ……ここ、入ってもええ?」

そこに居たのは、まさしく僕が片想いする『あの娘』だった。幸か不幸か、セックス中なのは人違いだったらしい。
聞けば、バカップルの喘ぎ声がうるさすぎるので、事が済むまで僕のブースに居候させてくれないかという。

「おおきにー。まさか……おにいはウチがオメコしてる思ってたん? はぁ……危うくおにいのオカズにされるとこやったわぁ」

彼女、キサラは僕のことを「おにい」と呼んで馴れ馴れしく絡んでくる。
異性への耐性など皆無な僕は、童貞を小馬鹿にされようとも、あっけなく彼女のことを好きになってしまった。

僕とキサラが楽しいひと時を過ごしている間にも、漏れ聞こえるカップルのセックスは続く。
次第に妙な気分になってしまった僕は、ひとまずトイレで一発抜いて落ち着こうと思い、ブースを出ようとする。
そこで、顔を赤らめたキサラが僕を呼び止めた。

「……ウチが、おにいのおちんぽ、気持ちよくしたろうか? ウチも正直、ずっとエロい声聞かされてムラムラしとったん……おにいもそうやろ?」

そんな蠱惑的なお誘いを断れるわけもなく、成り行きで僕はキサラと唇を熱く重ねていく。
煽情的に身体を触り合う内に気持ちがどんどん昂ってきて、僕はとうとうキサラのフェラを受けて射精してしまう。
だが欲望が収まらない彼女は、僕を湿った眼差しで誘う。

「おにい……もう我慢できひん……早う、しよ? ええで……おにいのおちんぽ、ウチのおめこに、ナマで挿れても……」

僕は迷うことなく、キサラの華奢な身体に覆い被さった。
そして、いきり立つ肉棒を彼女の膣に……。

――――――――――――

◆ヒロイン紹介

『キサラ』
京都生まれのコスプレ女子。
親が転勤族で、行く先々で京都弁の披露を求められた事から、周囲に手っ取り早く親しまれる為の手段として京都弁を常に「演じる」ようになる。
常にいい子であろうと繕っている故に、今では漫画喫茶が唯一の心安らげる場所となっている。

――――――――――――

◆プレイ内容紹介

◎【キスしながらの手コキから、愛情たっぷりフェラ】
キサラと初めてのキス。官能的な感触に酔いしれていると、彼女はさらに僕のズボンをまさぐってペニスを擦ってきた。
しなやかな指で扱かれあっけなく限界まで勃起に導かれ、そのまま彼女はペニスを口に含んで情熱的なフェラチオを始めた。
初めての体験としてはあまりに鮮烈すぎる舌舐めと口吸いで狂おしい快楽を味わされた僕は、キサラの口内に精液をぶちまける。

─「おにいって、こうして女の子に弄られるのも初めてなん……? なら、もっと気持ちようしたるえ……居候のお礼もせなあかんしね」
──「……んぷぅ……んん…………はぁっ……んむっ……ぢゅっ……」

◎【初めての異性の身体を、心行くまで触り放題】
口内射精を遂げた後は、お返しにキサラの身体を愛撫することに。
脱がせて乳房を触ったり舐めたり、ショーツの中に手を潜り込ませたりして、僕は異性の身体を余すことなく味わっていく。
膣に指を入れていくと、その複雑な肉ヒダは熱く僕に絡み付いてきた。

─「あんっ……ミルクなんて出えへんのに……おにいっ、吸い過ぎやでっ……」
──「……ひっ……あかんて、指っ……! おにいの、いけずっ……。おめこの奥、そない弄らんといて……」

◎【童貞卒業、避妊無しの生中出し】
キサラに誘われるがまま、ついに彼女の膣にペニスを生挿入する。
初めてのセックス。童貞卒業。温かく柔らかい膣肉が締め付けてくる感覚に、これが女性の体内かと感動しながら腰を動かす。
キサラも喘ぎながら僕に強くしがみつき、必死に僕の身体を求め続けた。
僕は初体験の快楽、そして人に好意を与えられる幸福に打ち震えながら、彼女の膣奥に大量の精液を迸らせる。

─「あっ、おにいっ……そこっ、あかんえっ……ウチの気持ちいいとこ、こすっとるからぁ……!」
──「おにいっ……ナカに、出してええよ……! キスっ、キスしてっ……おにいっ……」

◎【ブランケットを羽織って、汗ばむ密着素股】
男として責任を取りたいと、僕は当たって砕けろの精神でキサラに告白する。
キサラは、自分がそこまで本気で好かれたことに困惑しつつも、僕のプロポーズを受け入れてくれた。
晴れて恋人同士になった僕たちは、ブランケットに包まりながら熱く抱き合う。
そのままキサラは腰を揺り動かして、僕のペニスに濡れた股で強く擦り付け始めた。

─「おにいっ……おちんぽ、もっと固くしてな……? ウチのおめこの一番奥に、びゅーびゅー出したいんやろ……?」
──「おにいの……ずうっとびくびくしとるよ……。ウチとえっちしたくて、きばっとるんやね……」

◎【熱々のベロキスしながら、孕ませ覚悟の大量中出しセックス】
僕の上に乗ったキサラは、すっかり固く復活した僕のペニスを再び膣内に迎え入れる。
たっぷりの精液で白濁した膣内に、さらに僕の遺伝子を強く塗り付けていくかのように、キサラは激しく腰を動かしていく。
僕も快楽に耐えながら、彼女の揺れる胸を愛撫し、子宮を時折突き上げながら、共に絶頂へと突き進んでいく。

─「ふふっ……おにいの顔、かいらしいなぁ……。んっ、ここっ……あんっ、おめこの奥っ……あたって……!」
――「ウチっ、もう、イッてまう……! ウチのおめこにっ、せーし、いっぱい出して、な……! 赤ちゃん出来てもええからっ……! おにいっ、ずうっと、ウチのそばにおってな……好きっ、好きっ……!」

――――――――――――

◆こだわり
京都弁が好きすぎる故に、勢い余って自分で描いてしまいました。
京都キャラ=性悪、闇深キャラのようにダークに描写される傾向がある気がしますが、キサラについては小悪魔要素ありつつも甘々な純愛キャラに仕上げています。
人との距離感がバグった不思議な京都女子と、奥手な童貞男子が織り成す、一夜の濃ゆい密室恋愛奇譚をぜひお楽しみください。

――――――――――――

本編PDF形式(A6文庫サイズ/縦読み)

著者:相山タツヤ

寝取られエロ漫画 【メンヘラに溺れる】 〜SNSで出会ったメンヘラ処女とネカフェで溺愛セックスする話。〜

SNSで出会ったメンヘラ処女と、ネカフェで濃厚生セックス!

童貞フリーターの主人公が、SNSで出会ったちょっと危ないメンヘラ娘とネカフェの密室でヤリまくるショートストーリー。
メンヘラだろうが何だろうが関係ねえ。俺は、俺を好きになってくれる女の子が大好きなんだ!
鬱要素・寝取られ無し、全てゴム無し膣内射精&ハッピー(?)エンドCG集作品。

※リアルにネカフェで中出しセックスするのはやめましょう!

――――――――――――

【至高の没入感を目指した一人称視点型ショートストーリー!】

主人公は「あなた」。
至高の没入感を目指し、セックスシーンは全て「一人称視点型」!
異性の温もりや匂いまで感じ取れるかのような、濃密な時間をお楽しみ下さい。

――――――――――――

【ストーリー】

モテない童貞フリーターの「俺」。
ある日の夜、仕事上のストレスが爆発して酒に酔った勢いから、SNSの相互フォロワーである女の子【アイカ】に愛を告白するクソリプを送ってしまう。
深夜、やけにやかましいスマホの通知音で目を覚ますと、なんと【アイカ】は俺の告白に対して「嬉しい…///」と喜び、あまつさえ「いつ会える?」「ねえ、無視しないで??」と俺にメッセージ爆撃を投下していたのだった。
【アイカ】が重度のメンヘラだと察しつつも、人生初の告白成功の喜びが勝った俺はハイテンションでその日のうちにデートの約束を取り付けた。

待ち合わせ場所に現れたアイカは、悪魔っ娘としか言いようがない独特過ぎる黒い衣装を身に纏った女子だった。
喋る言葉の端々にメンヘラ地雷の気配を感じつつも、人生初のデートに俺は手汗マックスになるほど喜びで緊張する。

アイカに「ネカフェに行きたい」と提案され、誘われるまま近場の個室タイプのネカフェに入る事になった。
狭い個室の中で二人きりとなり、不可抗力で俺は途端にムラムラした気分になってしまう。
そんな中でアイカは「私、ネカフェの個室でいっつもオナニーしてるんだよね…///」という破廉恥なエピソードを語り始め、俺の陰茎はさらに苛立っていく。

童貞男子がこんな挑発に耐えられるはずもない。
ついに我慢の糸が切れた俺はアイカに強く抱きついていった。

そうして俺とアイカは、狭いネカフェの個室内で、本能赴くままに濃厚な共依存セックスに溺れていくのであった──…

――――――――――――

【Hシーン紹介】

1:『ムラムラに負けておっぱい揉み&キス』
ネカフェの狭い個室内。欲望が限界に達した俺は、ついにアイカの胸を触ってしまう。
そのまま段々盛り上がってきて……
──「ちゅっ……はぁっ……キスって、すごいね……」

2:『成り行き任せに童貞卒業&生中出し』
興奮した俺はアイカを押し倒すが、ゴムを持っていないことに気付く。
ところがアイカは発情した様子で自ら濡れた股を開き……
──「私も我慢できない……このまま、しちゃお?」

3:『巨乳パイズリで幸せに搾られまくり』
初セックスで中出しを果たした俺の興奮は未だ収まらない。
そこでアイカは、さらに俺を篭絡させるべく巨乳で俺の肉棒を挟み……
──「あははっ、おちんちん、ヌルヌルしてきたっ。そんなに私のパイズリ気持ち良いんだ?」

4:『ブランケットを羽織って密着熱々セックス』
被ったブランケットの中で抱き合いながらひと休み…なんて穏やかに終わるはずもなく。
俺は精液まみれのペニスを再びアイカの膣内に押し込み、荒々しく突き上げまくる。

愛を確かめ合いながらラブラブ大量射精を果たした後、アイカはニヤリと黒い笑みを浮かべる。

「ねえ、聞いて……実はね……」

――――――――――――

【仕様】
ページ数:92ページ
ストーリー付き18禁CG集
iPhone/Android環境での閲覧対応

イラスト:ゆきと
企画/脚本/構成:相山タツヤ

ガンスミス・アイヤマ Twitter: @musesakuya02S

寝取られエロ漫画 【濡れ恋】〜助けた不憫なイジメられっ娘と濃厚ラブラブ孕ませセックスして幸せになる話〜

雨の日に助けたイジメられっ娘と、本能赴くままに濃密中出しセックス!

ボッチの童貞主人公が、いじめられていた不憫な女の子を救い、湿度高めのラブラブ生エッチに溺れていく青春純愛ショートストーリー。
鬱要素・寝取られ無しの、オール中出し&ハッピーエンドCG集作品。

――――――――――――

【至高の没入感を目指した一人称視点型ショートストーリー!】

主人公は「あなた」。
至高の没入感を目指し、セックスシーンは全て「一人称視点型」!
異性の温もりや匂いまで感じ取れるかのような、濃密な時間をお楽しみ下さい。

――――――――――――

【ストーリー】

いつもクラスで寂しいボッチ生活を送る『俺』。
ある雨の日の帰り道、女子グループにいじめられている一人の女の子を見つけ、咄嗟に俺は彼女を助け出した。

「もういいよ……ボクに構わないで」

「……放っておけるわけないだろ」

彼女の名は、ツバキ。
黒いコートを羽織りマフラーで顔を隠した、薄幸の少女。

俺は、行き場のない彼女を家に招き入れることにした。
二人きりで過ごしている内に、ツバキは少しずつ俺に心を開いていく。

「どうして心配してくれるの? 他人なのに……」

「それは……ツバキのことが気になるから、だよ」

「……それって、ボクが好きってこと……?」

ツバキが頬を赤らめて、俺に身体を近づけてくる。
彼女の生々しい体臭を感じた同時に、俺の下腹部にズキッと鋭い衝動が過ぎた。

狭い密室に男女が二人きり。
膨らんでいく性衝動が抑えきれなくなってくる。
彼女が、ツバキが、今すぐ欲しい。

「ツバキ……!」

俺は衝動的に、ツバキの豊満な胸を鷲掴みにしてしまった。
ところが、彼女は全く抵抗しないどころか、静かに甘い吐息を漏らし続けている。

俺は本能赴くまま彼女を抱き寄せてキスをした。
するとツバキも、自ら舌をねっとり絡め合わせてくる。

そのまま俺たちは、雨濡れの身体のまま熱い情欲に溺れていった。

奪われた青春を、必死に取り戻そうとするかのように──…

――――――――――――

【Hシーン紹介】

1:『甘々ディープキス、しっとり胸揉み』
欲望に負けてツバキの胸を触り、キスまでしてしまった俺。
しかし彼女は俺を優しく受け入れ、自ら甘く唇と舌を重ねてくる。こんなの我慢できるわけがない。
――「キス……ボクも、すき……。もっと、して……?」

2:『貪欲フェラ、ごっくん口内射精』
すっかり発情したツバキは、俺の勃起ペニスをズボンから取り出し、舌をゆっくり這わせ始めた。
それだけでも気持ち良いというのに、彼女はさらに口の奥深くまで俺の男根を呑み込んでいく……。
──「ぺろ……んちゅッ……。ボクの舌、きもちいい?」
────「すごく、びくびくしてるね……舐められて、嬉しいんだ? もっと、してあげる……」

3:『体面座位でラブラブ初セックス、勢い余って膣内射精』
ツバキの口内にありったけ射精しても、欲望は収まらないどころかさらに強くなっていく。
最高潮まで高まった俺のペニスを、ゆっくりとツバキの膣口に押し当てた。ついに俺は彼女とセックスする。童貞を捨てるのだ。
──「んっ……おなかのなかっ、あったかいよぉ……」
────「いいよっ……ボクの中に、出して……」

4:『騎乗位で激しく搾精セックス、孕ませ覚悟の大量射精』
ツバキを妊娠させたい。彼女に膣内射精を遂げた後も、俺の性衝動は膨らむ一方だった。
ところがツバキは俺以上に欲情していた。蕩けた顔で俺を押し倒し、馬乗りになって腰を激しく振り始める……。
――「ボクのナカ、気持ちいい? もっと、ぎゅってしてあげる……」
――――「出してっ、出してっ……、ボクをっ、孕ませてっ……!」

5:『浴室で濡れ濡れセックス、連続絶頂&種付け中出し』
本能任せの激しいセックスを終えた俺とツバキは、改めて恋人として付き合うことを約束する。
恋人らしく二人でシャワーを浴びることになるが、俺の息子は残念なことに自重を知らなかった。
──「はぁっ、はぁっ……もう、ボクのお腹、キミのせーしでいっぱいだよ……」
────「だめっ、だめっ……! いま、イッてるからっ、おまんこの奥っ、突かないでっ……!」

――――――――――――

ページ数:111ページ
iPhone/Android環境での閲覧対応

イラスト:ですこ
企画/脚本/構成:相山タツヤ

Twitter:@musesakuya02S

――――――――――――