CATEGORY NTRシステム

寝取られエロ漫画 垣根妻II第三話愛のブルーシート

◆あらすじ◆
垣根妻IIの第三話・最終話でございます。

田舎暮らしに憧れる鳥越夫妻が聖地と選んで引っ越してきた
のどかな山あいの集落は、どいつもこいつもアカネ婦人の
超弩級のエロボディを狙っていた。
八百屋、魚屋、米屋など、田舎では珍しくもない御用聞きに乗じて
美人妻は罠にハメられ、やがてその肢体は寝取られてしまう。

鳥越家の隣に住む三田マルタも美人妻には興味津々で、その巨根を
刺激する隣家の美婦人の裸を盗撮したりしてはオナニーにふけり、
欲望の渦を膨らませていたのだが、日常の近所付き合いを通して
アカネの人を見た目で判断せずどんな人にも平等に接する姿勢に
心を打たれ、今では純粋な好意を抱くようになっていた。

変に鼻の効くマルタは幾度となくアカネの危機を察知しては
助け舟を出そうとするのだが、いつも何者かに阻まれ、そのたび
彼の好意対象者は寝取られていくのだった・・・そんな折、
米屋の棚田ヨタロウはイカガワシイ薬の副作用で長時間勃起継続
状態になったイチモツを武器に夜通しの寝取りを敢行し、アカネを
快楽漬けにして自分専用の生オナホに仕立て上げようとしていた。

夫のサトルが仕事で家を留守にするその夜・・・マルタが注意を
払って警戒していたにもかかわらず、アカネは2人の男によって
朝になるまで何度も犯●れてしまう。
永遠に続くかと思われるほどの度重なる射精・・・その都度白濁液を
子宮いっぱいに満たし、あるいは入り切らぬ精液を子宮が吐き出しては
また新たな子種を受け入れるという繰り返しだった。

一夜明け、やっと平穏を取り戻したかにみえたアカネであったが、
すぐにまた寝取られの手管にはめられていく・・・
すでに垣根妻としての引導を渡され、アカネはさらに深く陰部を開いて
しまうのだろうか。
マルタは無事意中の人を助け出すことができるのだろうか。

これは枯れ地に神々しい一滴の水が落とされたその後を、変態的視点で
つづった物語の最終話である。

◆仕様◆
フルカラー漫画
本編58ページ(総ページ数は70ページ)
※プロローグ11ページ+本編58ページ+あとがき1ページの構成です。

◆画面サイズ◆
1412px × 2000px

※断面図の表示がございますので苦手な方はご注意ください。

寝取られエロ漫画 垣根妻II第一話

◆あらすじ◆
田舎暮らしに憧れる鳥越夫妻が聖地と選んで引っ越してきた
のどかな山あいの集落は、新たな住人に色めき立った!

ただでさえ高齢化の進む田舎町に若い夫婦が移住してきた・・・
しかも夫人は超弩級のエロボディをもつ美人妻で、その快活な
性格も相まって瞬く間に注目の的となるのだった。

鳥越アカネは自分に注がれる、まとわりつくようないやらしい
視線もどこ吹く風と、田舎暮らしを満喫し毎日を新しい体験と
ともに新生活を謳歌していた。

八百屋、魚屋、米屋など、田舎では珍しくもない御用聞きも、こと
鳥越家は特別のようで、用もないのに毎日顔を見せては掃き溜めに咲く
一輪の花を愛でるかの如く、美人妻の肢体を脳内で裸にひん剥いては
あんなことやこんなことを想像して楽しんでいた。

・・・だが、中には脳内補完だけでは飽き足らず、妄想を実行に移して
しまう輩も存在するのは確かな事だった。

鳥越家の隣に祖父の代から住んでいる三田マルタも美人妻には興味津々な
ひとり・・・なにせその職業がエロ漫画家なのだから、古民家の隙間から
でも覗き見れるアカネの艶めかしい肢体を盗撮しては仕事にも役立てていた。
いずれはあの軟肉を・・・マルタの想いも強まるなか、集落のエロオヤジ
たちの寝取り合戦の火蓋が切って落とされようとしていた・・・

これは枯れ地に神々しい一滴の水が落とされたその後を、変態的視点で
つづった物語である。

◆仕様◆
フルカラー漫画
本編68ページ(総ページ数は80ページ)

◆画面サイズ◆
1412px × 2000px

※断面図の表示がございますので苦手な方はご注意ください。
※プロローグから序盤10ページまでを収録した20ページ分の体験版を
ご用意しておりますので、ご購入の参考にしていただければ幸いです。

寝取られエロ漫画 垣根妻II第二話

◆あらすじ◆
垣根妻IIの第二話でございます。
田舎暮らしに憧れる鳥越夫妻が聖地と選んで引っ越してきた
のどかな山あいの集落は、どいつもこいつもアカネ婦人の
超弩級のエロボディを狙っていた。
八百屋、魚屋、米屋など、田舎では珍しくもない御用聞きに乗じて
美人妻は罠にハメられ、やがてその肢体は寝取られてしまう。

鳥越家の隣に住む三田マルタも美人妻には興味津々で、その巨根を
刺激する隣家の美婦人の裸を盗撮したりしてはオナニーにふけり、
欲望の渦を膨らませていたのだが、日常の近所付き合いを通して
アカネの人を見た目で判断せずどんな人にも平等に接する姿勢に
心を打たれ、今では純粋な好意を抱くようになっていた。

変に鼻の効くマルタは幾度となくアカネの危機を察知しては
助け舟を出そうとするのだが、いつも何者かに阻まれ、そのたび
彼の好意対象者は寝取られていくのだった・・・そんな折、
米屋の棚田ヨタロウはイカガワシイ薬の副作用で長時間勃起継続
状態になったイチモツを武器に夜通しの寝取りを敢行し、アカネを
快楽漬けにして自分専用の生オナホに仕立て上げようとしていた。

何かを感じ取ったマルタはアカネの為に動き出すのだが、またしても
行く手を阻む者の出現に彼自身も翻弄され流されてゆく・・・
彼の想いは想い人に届くこともなく、淫靡な底なし沼に沈み込んで
しまうのだろうか・・・

これは枯れ地に神々しい一滴の水が落とされたその後を、変態的視点で
つづった物語である。

◆仕様◆
フルカラー漫画
本編58ページ(総ページ数は69ページ)
※プロローグ10ページ+本編58ページ+あとがき1ページの構成です。

◆画面サイズ◆
1412px × 2000px

※断面図の表示がございますので苦手な方はご注意ください。