CATEGORY 精神凌●

寝取られエロ漫画 淫魔の血を引く僕を興味本位で誘惑してきた妹にキスしたら眷属になった話

自分の血統について知ってはいたもののそれまでまったく無自覚だった主人公は、ある時ふとしたきっかけで、父親から受け継いだ淫魔の血に目覚める。
文字数は約16,000文字。

「お前は淫魔の血を引いている」
「知ってるよ」
長期休暇で久しぶりに帰ってきた父の言葉に、僕は何を今さらというように肩をすくめた。
そんなことは、目の前の父親の姿を見てれば嫌でもわかる。
「お前も大きくなった。もう間もなく、否応なしに知ることになるだろう。自分が何者かをな」
「何だよ。僕が淫魔の性に目覚めて、父さんみたいに女を虜にして侍らせるようになるとでも言うのかい?」
僕の母親も、そんな女の一人なのだ。
普段は僕や妹の面倒をよく見てくれる優しい母だが、父が目の前にいるときは別だ。
完全に父のことしか目に入らない様子で、べったりとくっついていて、父からそうするように言われない限りは僕らの方には見向きもしない。
父と同じで異様に若いのは、淫魔の精をその胎に受けて、魔の眷属になったからだと聞いている。
「どう生きるかは、お前次第だ。ただ、己の血からは逃れられんよ」
父はそれだけを言うと、踵を返して部屋を出て行った。



「ねえ、兄貴」
妹が後ろ手に扉を閉めて、近づいてくる。
「ん?」
「えへへ、あのさあ……」
彼女は少し恥ずかしそうな顔をしながら、僕の隣まで来ると腰かけた。
「キス、したいんだけど」
「……へっ?」
唐突なお願いに、僕は目を瞬かせた。
「い、いや。急に何言ってんだ」
「だってさ。あたしたちって、兄妹じゃない?」
「……わけがわからん。兄妹は、普通はキスしないだろ」
「でも、お父さんたちはよくやってるよ?」
「何言ってるんだ。父さんと母さんとは夫婦じゃないか」
僕は困惑しながらそう言ったが、愛彩は小さく首を傾げると、くすりと笑った。
「兄貴は知らないの? お母さんが、元々はお父さんの、双子のお姉さんだったんだってこと」

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。

寝取られエロ漫画 闇の蘇生:死が二人を別った、その後に

他の男を選んで幸せな家庭を築いた幼馴染をずっと諦めなかった青年が、彼女の死後に第二の命を与えて想いを遂げる話。

「アゼル、でも、私は……」
困惑して、何かを言いかける彼女を遮るように、僕は続ける。
「君は結婚式の時、ジェリウスに、『死が二人を別つまで』一緒だと誓った。そうだったね?」
「ええ……、そうよ。だから……」
「そして、君はもう、一度死んだんだ」
僕がそう告げると、彼女ははっとしたような顔になった。

「アゼリア、愛している」

「今度は僕の番だ。君は生まれ変わったのだから、どうか今度は、僕と一緒になってほしい」

作中で死者蘇生の魔法が用いられますが、上の文章でもわかるようにゾンビ化とかではないです。
完全に元通りというわけでもないですが、上部の変化はありません。
文字数は約12,000文字で、1話完結の短編です。

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。

追い続けていれば、夢はいつか必ず叶う――と、顔無しの男は言った。
こういうのは純愛と呼ぶべきか、それとも狂気と呼ぶべきか……。

寝取られエロ漫画 魂の収穫者:堕ちた未亡人と蘇生された夫

現代に生きる悪魔が、魂を売って夫を蘇生させた未亡人を堕として自分の所有物にした上で、生き返った夫もその手で堕とさせてしまう話。
文字数は約15,000文字。

「うそ……、うそよ! そんなの、うそ!」
自分が夫のことを何も思い出せなくなっていると気付いたリーズは、頭を押さえてうずくまる。
ラドゥはそんな彼女の姿を、まるでパニックを起こして走り回るモルモットでも眺めるような目で見つめながら、さらに言った。
「なら、旦那の名前は?」
「……っ!」
リーズは脂汗を浮かべ、がちがちと歯を鳴らして、必死に記憶を探った。
出てこない。
かつて愛し合い、永遠の愛を誓い合ったはずのその人の名前さえ、どうしても。
「う、あ、ああぁ……」
リーズは絶望の声を上げて、その場にへたり込んだ。
涙が溢れ出し、止まらなくなる。
リーズは●●のように泣きじゃくりながら、ラドゥにすがり付いた。
「お願い、助けて……。私を、元に戻してください! 何でもあげます! 何でもしますから! どうか……っ!」
「おいおい、何を言ってるんだ」
ラドゥは苦笑しながら、リーズの頭をがしりと掴むと、その顔を覗き込んだ。
「お前は俺に、とっくにすべてを売ったろう? 契約したじゃないか、魂を寄越すと」



「り、リーズ……」
男は思わず、妻であるその女性の名を呼んでいた。
だが、かつてのような甘い響きはない。
そこにはただ、哀れな犠牲者の声があるだけだ。
「気安く名前を呼ばないでくれる?」
リーズは冷笑を浮かべて、かつて夫だった男を見下ろした。
全裸で床に転がされている彼の、剥き出しの股間が惨めにいきり立っているのを見て、軽蔑したように鼻を鳴らす。
「あら、発情してるのね。あなたにはもう、私に指一本触れる権利もないっていうのに」
無駄にいきり立たせてあさましいと、そう嘲りながら。
彼に向けたのとは一転した熱っぽく蕩けた妖艶な笑みを浮かべ、背後に控えていたラドゥの体に抱きつくと、リーズはいやらしく腰をくねらせた。

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。

寝取られエロ漫画 魂の収穫者:未亡人の有効活用法

現代に生きる悪魔が、夫を亡くして以来独り身を決め込んでいた未亡人に魂を売らせたり体を性欲処理の気晴らしに使ったりと有効活用してあげる話。
文字数は約15,000文字。

「どうにも、熟れたいやらしい女の身体で一発抜きたくてしょうがない。だから、お前の胎内に精液を排泄しに来たんだよ」
女主人の掌が、バンとテーブルに叩きつけられる。
「ちょっと! そんな人だとは思わなかった! 何ですって? いやらしい? ふざけんじゃ……」
ラドゥは悠然とした態度で、激高する女亭主の眼前に手をかざしながら、こう言った。
「まあ、落ち着けよ。一旦止まるんだ、『俺の性人形』」
その掌に、燃え盛る炎の目の幻影が一瞬浮かび上がって見えた瞬間に、リーズの体と心は止まった。
「――――」
目からは一切の意思の光が消えて、表情も姿勢もその時の状態のまま、ぴたりと固まって静止する。



「いいか。愛情のないセックスなら、それは不倫でも浮気でもない。だって、夫以外に心を移したわけじゃないんだからな。そうだろう?」
「……あ……」
リーズは、途端にはっとしたような顔になった。
気恥ずかしさで、みるみる顔を赤らめる。
「そ……、そうね。私、なにを大騒ぎしていたのかしら? ごめんなさい……」
「別にいいさ、勘違いは誰にでもあるもんだ」
畏まるリーズに、ラドゥは鷹揚に笑いかけると、グラスを干した。
「それよりも。何も問題ないとわかってもらえたところで、さっそく始めてくれないか?」

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。

寝取られエロ漫画 存在書換シリーズ:貞淑な未亡人から男漁りの牝犬へ

人間の存在そのものを書き換える能力を手にした男子学生が、夫を亡くして以来若くして独り身を決め込んでいる未亡人をリサイクルして幸せにしてあげようとする話。
文字数は約12,000~13,000字。

この店の女店主、如月唯奈さんは、数年ほど前に旦那さんを失くして以来、ずっと一人で店の経営をしていた。
どうも、一生を寡婦として過ごすつもりらしい。
まだ二十代の若い女性で●●もいないというのに、なんとも気の毒でもったいないことである。
だから僕は、彼女を少しばかり書き換えてあげることにした、というわけだ。

≪如月唯奈は、獅童蓮斗のことをとても深く信頼している≫
≪如月唯奈は、獅童蓮斗からの助言に真摯に耳を傾け、それに従うことが正し
いと信じる≫

「これではっきりしました。亡くなった旦那さんをずっと愛していると口では言っていても、やっぱり唯奈さんは体でも心でも、男を欲しているし、必要としているんです」
「貞淑? あなたはただ、臆病で後ろ向きなだけでしょう?」
「じゃあ、証明してください。あなたが今でも、本当に旦那さんを愛しているということを」

前回堕とした幼馴染みも、最後の方にちょっとだけ出てきます。

寝取られエロ漫画 存在書換シリーズ:養護教諭から肉穴精処理用具へ

人格をはじめとする人間の存在そのものを書き換える能力を手にした男子学生が、まずは美人の養護教諭を自分の完全な所有物に変えてしまう話。
文字数は約15,000字。
小説のみ、画像は含まれていません。

≪霧江優華は、ご主人様である獅童蓮斗のために生まれてきた、彼の奴●である≫
≪霧江優華は、ご主人様からの命令には一切の疑問を持たず、絶対服従する≫
≪霧江優華は、ご主人様専用の肉穴性欲処理用具であり、求められれば何時いかなる状況でも応じる≫
≪霧江優華は、ご主人様以外の相手に対しては一切発情せず、特別な感情も抱かない≫

作者は導入部分に凝るものも好きだけど、即堕ちも大好きです。