CATEGORY オヤジ受け

寝取られエロ漫画 妻はNTRれたがっている。4

泥●して朝まで熟睡してしまった陽菜が、胸に重みを感じ目覚めるとそこには上司の雪洋が覆い被さっていて…

一方で有村に非道な行いを受けたかなめ。
気がつくと知らない間に男達に囲まれ、豊満な身体を弄ばれてしまう…

今作のエッチメニュー?

*おっぱい愛撫多め
*目隠し
*フェラ
*べろチュウ
など

ご購入、お気に入り誠にありがとうごさいます!すごくモチベアップになってます♪
これからも皆様に喜んで頂けるような作品をお届けできるように精進してまいりますので宜しくお願い申し上げます♪

寝取られエロ漫画 借金返済でセックスする人妻

清楚で美人な人妻が夫が作った借金のためにSEXしまくるお話です

■あらすじ

透明感のある若く美人な主婦『サトミ』は
明るく夫を仕事へ見送った

しかしその表情は暗い。

なぜならこのあと夫の会社の社長『大河原』と
肉体関係を持たなければいけなかったからだ、、、

『どーも』

『この前の答え、はいかいいえで聞かせてくれるかね?』

『…は…はい』

苦渋の決断でそう答えるサトミは体が硬直していた、、、

夫が作ってしまった会社での借金を
帳消しにする代わりに
体を差し出さなければいけなかった

もちろん夫には内緒だ、、、

夫を思う妻の行動だった

『いやあああああッ!』

『アンタはモノ分かりがいいなぁサトミさん!』

サトミの心の準備はおろか
大河原は答えを聞くや否や襲い掛かった

拒否することもできず
みぐるみをはがされ
チ○ポをくわえさせられ
おっぱいを揉みしだかれ
オ○ンコに指やチ○ポを
グチョグチョと挿入され
ヤりたい放題ヤられまくるのだった

SEXを拒否すると
借金帳消しの話は無かったことにされ
脅される毎日だった

そして大河原にヤられるほかない運命に絶望し
また他人の男にオカされ夫への罪悪感で
いっぱいになったサトミは
大河原にヤられるたびに
心が壊れていった、、、

やがて
カラダをオモチャにされまくったサトミは
頭が真っ白になり
徐々に快感を覚えはじめ
抜けられない絶望の中
発情してしまう―。

○基本19p
○差分全ページ57p
○PDF同梱

寝取られエロ漫画 ヌけない彼女。

付き合って三年の大学生カップル。彼女とのセックスに不満を持つ日々が続く中で主人公がある提案をする。無反応で無感情なクセつよ彼女は、果たして一体どうなるのか―-。

寝取られエロ漫画 夏日3

◆あらすじ◆

< パパ活女子校正ギャルのあんずがおじさんと汗だくナマ中出しS〇X >

真夏の都会のど真ん中でパパ活をしている女子校正(あんず)と
溜まった欲望を吐き出したいおじさんが出会う

あんずはうだつのあがらないおじさん(パパ)でも簡単にナマで中出しさせてくれる甘やかし系のパパ活ギャル(※彼氏アリ)だった。

そんな二人が出会えばもちろんやることは決まっている…

都会のど真ん中には少し似つかわしくないヤリ部屋へ向かっていくと
汗だくナマ中出しS〇Xがはじまるのであった

————-
<御注意ください>
「夏日1&2」のキャラクターは今作には出てきません。

本作は「あんずに彼氏アリ」設定はございますが、作中にて彼氏の回想演出や彼氏エピソードなど寝取られ要素をあえて強く出しておりません。
あくまでパパ活女子校正が真夏に汗だくになっておじさんとナマ中出しのエロいS〇Xをするという形をシンプルに作っております。

少しでも気に入ってくださる点ございましたら幸いです。

————-
作画・漫画 ken-1
企画・原案 夜桜
発行:Cior

寝取られエロ漫画 妻はNTRれたがっている。3

上司である雪洋と出張が決まった綾瀬陽菜。

初めての出張と密かに想いを寄せる上司との出張先で待ち受けていたのは

取引先の社長、えろだるま土方道徳だった。。

本サークルのご購入いつもありがとうございます♪
皆様に楽しんでいただける作品をもっともっと発表していけるよう日々精進してまいります。

寝取られエロ漫画 ハンコッ○が 唯 キスをするだけ

危機を救ってくれた男に 女帝ハンコッ○が自身のカラダを奉仕する・・

乙女に戻ったハンコッ○の止まらない欲望が 彼女を動かす

キスをしたいが為 男に迫り寄り その美貌を妖艶に使用し 男の心を奪いにいく

基本9枚 差分65枚

寝取られエロ漫画 淫念力 第2巻 淫魔

★小説です
淫念力を持った真一と瞳は、依頼者の悩みを解決しようとするが、思わぬ力に阻まれてしまう。
真一は師匠のアドバイスを仰ぎ、新たに会得した力で、瞳とメイドの里香と共に敵と対峙する。
はたして、勝つことができるのか? そして、敵の正体は?

ひたすらエロい楽天的なストーリーです。是非、非日常の時間を主人公と共に味わって下さい。