CATEGORY ちゃえ

寝取られエロ漫画 友達がボクのオバとママでガチぬき

「二人ともエロ過ぎぃ〜♪」
「やっべBBAオナホ、クソ抜けるッw」

=====================================

記憶もないほど僕が小さい頃、父が他界した。

それを境に母一人での子育ては大変だということで、母さんの妹であるおばさんが手伝いに来るようになった。

おばさんは怒った時すごい怖いけど子供の遊びや疑問に一生懸命付き合ってくれる人。

母はとにかく優しい人で、僕を過剰に甘やしていたらしく、おばさんによく注意されていたらしい。

小さい頃から、二人に大事に育ててもらった。
僕にとって育ての親が二人いるようなものだ。

僕にとってもおばさんも母さんも大切な人だ。

とある日友達のカズキを学校帰りにうちに呼んだ。
カズキとは幼馴染でよく遊んでいたのでおばさんや母さんとも面識があった。

二人でゲームをしながらダベる時間。

この時、カズキの視線や意識がおばさんや母さんの体に向かっていることに気付いていなかった。

僕の知らぬ間に、おばさんと母さんは底の見えない性欲の吐け口にされていた

========================================

◆本編221p+表紙1p

◆pdf同梱

寝取られエロ漫画 地元のお姉さん達に、デカチンバカの友達が種付交尾しまくってた。

「ヒロくんおかえり。おっきくなったね」

=====================================
都会の喧騒に疲れ果て、故郷である離島に帰ってきたヒロ。

7年ぶりの帰省。久しぶりに再開する幼馴染の3人のお姉さん達と一緒に遊んだ友達。

ヒロがまだ島にいた頃は、何をするにも彼らと一緒。

彼らと同じものを見て、彼らと同じ遊びをして育った。

成長して見た目は少し変わっていたが、再開してからも小さい頃と変わらずヒロに優しく接してくれた。

特に地元の年上の女の子達は、辛い時よく助けてもらっていた。

家庭が厳しかったヒロにとって、唯一甘えられる存在。

彼女らはヒロの心の傷を癒してくれる存在であり、憧れでもあった。

あの頃憧れていた彼女達は、成長してすっかり大人になっており、それでもヒロへの扱い
幼い頃のまま。

昔と変わらない距離感にドキドキしながらも、優しく包み込んでくれる彼女達に感謝しながら。彼らが運営する民泊ではじめて迎える夜。

夜中目が覚めトイレに向かう途中、とある一室からきこえた物音。

ヒロがドアの隙間から目にしたものは、憧れだったお姉さん達と友達が激しく交わる姿だった。

◆本編188+表紙1p
◆pdf同梱

寝取られエロ漫画 内気な幼馴染は弄ばれる。きみが先輩のデカチンで都合の良いオナホにされるまで

「リンちゃん大丈夫…?」
「ありがと…ヒロくん…ぐすん…ひっぐ…」

=====================================
清楚で内気な性格の幼馴染のリンちゃん。

小さい頃は大きな体にその性格もあってか、よくいじめられており、帰り道はよく泣いていた。

その経験のせいかリンちゃんはいつも自信がなさげで、何をするにも僕に相談してくるような子だった。

いつも頼られて一緒にいたこともあってか、僕がリンちゃんのことを好きになるのは自然のことだった。

リンちゃんもそう思ってくれているはず…きっと僕たちはいつか…
そんなある日、リンちゃんから衝撃の告白

「ヒロくん…私…カズキ先輩のこと…好きになっちゃった…」
「私…ヒロくん以外に相談できる友達いないし…こう言う時…どうしたらいいのかな…?」

複雑な気持ちだった。
正直、応援なんてしたくない…。当たり前だ…。
こっちは小さい頃からリンちゃんが好きなのに…。

なにより、カズキ先輩は女遊びがひどくて有名だった。

リンちゃんの気持ちを否定するのも可哀想で、
僕はその場では何と答えたらいいかわからず、曖昧なセリフでお茶を濁した。

しかし、そんなことをしているうちに…

カズキ先輩は卒業した。

勇気が出ず思いを伝えられなかったことにリンちゃんは泣いていた。

僕は安堵した。
これでよかったんだ。あんなヤツとかかわってリンちゃんが幸せになれるはずがない。

リンちゃんの初恋は終わった。

そう思っていたのだが…。

月日はながれ文化祭の当日、僕たちは受付業務をしていた。
先輩がいなくなってから、なんとなく元気がないリンちゃん。
少しでも僕が元気づけられたら…

文化祭が終わったら二人でどこかでかけない?

そうリンちゃんに言おうとした時、彼女は驚いた顔で人混みを見つめていた。
僕も思わず、リンちゃんと同じ方向を見る。

視線の先には、カズキ先輩がいた。

「ヒロくん…私…ちょっと文化祭まわってきていい…?」

リンちゃんがこれから何をしようとしているか、表情ですぐにわかった。
文化祭をまわる気なんてない…。

うまくいくはずがない…。

大丈夫と思いながらも、もしかしたらと言う考えがよぎる。

穏やかではない心中を隠すように
僕は声が震えないように意識してリンちゃんに言った。

「うん…楽しんできてね…」

ここが運命の分かれ道だったことも知らずに。

◆本編156p
◆pdf同梱

寝取られエロ漫画 傲慢なJDに復讐してオナホ化する話

ずっとこの日を待っていた…!
ナツキに復讐するこの日を!

とあるキャンパスの人気のない個室で男はナツキという女子大生を四つん這いにさせ、目の前に巨大なペニスを突き出す。

「絶対無理!そんなの入らないッ!死んじゃう!」

男はナツキの声を無視し、自身の肉棒をその小さな口に強引に押し込むッ!

そのパワーの前になす術もなく、ナツキは男のペニスを口に含んだ。

「何コレ…!顎が外れるッ…!」

あまりに異質な大きさのペニスが瞬く間にナツキの口の中を隙間なくうめ、更にはのどの奥まで浸食する…。

ナツキは人として扱われていなかった。男の性処理肉人形として扱われ、涙を流しえずく事しか出来なかった。

一方、男はナツキの喉奥の感触から伝わる肉の感触とナツキの苦しむ表情を楽しんでいた。

ナツキ…これは当然の報いだ…!

お前は俺を人扱いしなかった…!

毎日のように俺にレポートを押し付けたな…!

日々の俺の貢献に感謝せず、それどころか俺を大学で公然と侮蔑し続けていたな!

男はナツキの口内にペニス咥えさせたまま大量の白濁液を注ぎ込む。

これまで溜めていた憎しみを吐き出すかのように…!

ククク…!これだけの事をしてもお前は俺に何もできない…!
俺がお前の弱みを握っているからな!

生まれてきたことを後悔させてやるぜ…。

この日を境に男の復讐は始まった…!

毎日毎日、ナツキは男に呼び出されては犯●れる日々。

彼氏からの誘いも断り、男の元に足を運ぶ。

「こんなクズ男…!ハヤトの方がよっぽど…!」

「こんなおちんちん大きいだけの男なんて…ッ!」

ナツキは男を憎みながらも、今までの生活が壊れる事を恐れるあまり、肉奴●としてもの扱いされる日々に絶え続ける。

「この男…!アタシをこんな目にあわせて…絶対に許さないわ…ッ」

だが…女の体は本能に逆らえない…!

ナツキの意に反し…彼女の体は少しずつ…身も心もオナホ扱いされることに快感を感じるようになっていく…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分のいじめていた大学の同級生の生意気なヒロインを呼び出しセックスしまくるCG集です。

主人公の都合でヒロインを呼び出し、ひたすらレ●プします。

ヒロインは彼氏持ちですが、自分の立場を守るために呼び出しには必ず応じ、毎回レ●プされます。

嫌々ながらも何度もおちんちんを入れられるうちに、快楽と理性の狭間で葛藤します。

ですが、やはりそこは女なので、おちんちんの誘惑には勝てません。

傲慢で高飛車で生意気なヒロインもチンポの前ではとっても可愛い女の子。

最後は自分からチンポを欲しがるようになり、従順になります。

生意気な女を力ずくで無理やり従わせ、快楽堕ちさせるのが好きな方は是非!

●基本CG15枚予定+コミックCG5ページ
●差分込みの本編約205枚
●PDFファイルあり

寝取られエロ漫画 夫の店の融資のために寝取られる若妻の話。

※縦長のCG集になります。

私の名前はカナミ。

先日、大好きな彼からとうとうプロポーズされた。

彼は何の取り柄もない私を好きになってくれた唯一の人だった。

私はずっとこの人に尽くす。この人を支えるんだ。
その決意を胸に結婚生活はスタートしたが、現実はそんなに明るいものではなかった。

彼はずっと夢だった自分の飲食店を構え、私はその手伝いをしていたが、
私は失敗続きで彼の足を引っ張ってばかり。

何もうまくいかず、自己嫌悪に陥る日々。

そんな中、気分転換に一人で散歩中、学生の時の夫の友人「一樹」と再会する。

「久しぶり〜。なんか胸デカくなったなお前」

私は口が悪く、下品な一樹が私は学生の時から苦手だった。
勝手に一樹は一方的に自分は金持ちになったと自慢話を始める。

「そういやお前、結婚して夫婦で飲食店やってんだってな」

「最近不景気だって聞くぜ?お前んとこも潰れんじゃねぇの?」

この悪態のつき方も昔と変わらない。

この時の一樹の発言を私は軽い冗談だと思った。

だが、私はこっそり聞いてしまった。夫が店の経営のための融資を電話で断られているところを…。

夫の店も不況の煽りを受け、経営が厳しい状況だったのだ。

夫は私に一言もそのことを話さなかった。
きっと失敗ばかりしている私の心労を増やしたくなかったのだろう。

夫が大変な思いをしているのに…私は…

何もできない自分が歯痒かった…。

いつも夫に助けられてばかりの私。
せめて何か力になりたい…。

何でもいい…夫が辛い思いをしているのを見たく無い…。

私は意を決し、一樹に電話をかける。

愛する夫の夢を守るために。

●基本CG36枚
●差分込みの本編481枚
●PDFファイルあり

寝取られエロ漫画 僕だけが知らないせんぱい。

「ウララ先輩ってどういう人が好きなんですか?」
「ん〜やっぱり。何にでも真面目に取り組める人かな?頑張ってるのってカッコいいと思うんだ♪」

========================================

ウララ先輩は僕の憧れの先輩だ。

基本真面目だが、ぽわぽわしていて少し抜けているところがとてもかわいい。

彼女は勉強が苦手らしく、どれだけ頑張っても点数が伸びないという。
対して、僕は勉強好きで上級生の授業範囲も一通り網羅している。

「これは…先輩に勉強を教えつつ仲良くなれるチャンスなのでは…!」

ただの後輩としか思われていなかった僕にチャンスがめぐってきたとしか思えなかった。

成績が伸び悩む先輩に勉強会を提案すると、お試しで開いてくれる事に。

(やった!絶対に先輩の役に立つぞ!)

しかし…
片思い中の先輩と二人きりになれる機会に喜んでいたのも束の間、

成績の良くない他の二人の先輩が割り込んできて結局4人で勉強会をすることに…。

ショックを受けつつ勉強会ははじまった。

その日の終わり頃、割り込んできた先輩の一人・カエデ先輩が僕にだけ相談があると言うので先に一緒に帰る事になる。

ウララ先輩ともう一人。男の先輩を部屋に残して…。

◆本編130p
◆pdf同梱

寝取られエロ漫画 大好きな彼女が寝取られている姿をオカズに巨乳の幼馴染に中出ししまくる話

※縦長のCG集になります

◆あらすじ

ヒナタとユイは放課後いつも一緒に勉強していた。

ユイはあまり勉強が得意な方ではなく、いつも放課後ヒナタに教わっていた。

ヒナタは自分の利益のためにユイに勉強を教えていただけだったのだが、次第にユイと親しくなっていった。

その気持ちはユイも同じで、2人は同じ大学に行こうと話をしていたのだが、

ヒナタがずっと片想いしている幼馴染の主人公(ヒロ)がユイに告白した事から、全てが変わってしまう。

ヒナタは複雑な気持ちを抱えたまま、ユイやヒロと距離を置くように。

ヒナタと勉強もしなくなり成績が落ちていくユイ。

ユイは勉強に集中するため、受験が終わるまではヒロに合わない約束をする。

しかし、不安と焦りで憔悴する彼女はクラスメートの甘い誘惑に釣られてしまい…。

ヒナタは偶然にもその証拠を見つけてしまうのだった。

彼女たちの関係は歪にゆがみはじめる…。

=================================

●ユイ
主人公の彼女。受験のストレスからクラスメートからの浮気セックスを断れずしてしまい、そのままセックスに依存的になる。
内気で強く押されると断れないタイプ。自尊心低め。精神的に寄りかかる先を常に求めている。
巨乳。

●ヒナタ
主人公の幼馴染。主人公のことが好き。
表では飄々としていて明るい性格をしているが、厳しい家庭環境で育ったため鬱屈した気持ちを抱えている。
すごい巨乳。

●ヒロ
主人公。ユイのことが好き。

●和人(かずと)
ユイを寝とったヒロのクラスメート

=================================

ユイが寝取られているところをヒナタが主人公に見せながら、自分を抱かせる話です。

主人公も自分が狂気の道に進んでいくのを知りながらも、ヒロインAに依存し続けます。

最初は動画だけでしたが、ヒナタは生セックスの干渉を見せるところまでエスカレートし…

======================

●基本CG34枚
●差分込みのセリフありの本編512枚
●PDFファイルあり

寝取られエロ漫画 クズ先輩の次の性玩具(おもちゃ)は僕の初恋の人だった

「ヒロ…私に勉強教えてくれない…?」
「私…馬鹿だけど…ヒロを見てたら頑張ってみたくなっちゃってさ」

==================================

裏路地。

いつもの塾通いの帰りにクラスメートのギャルの恵(めぐみ)さんがそこでつらそうにしているのを偶然見つける。
僕は思わず彼女に声をかけた。

全く接点はなかった僕たちの関係はここからはじまった。

ある日恵さんは学校で僕に話しかけてきた。

どうやら僕に勉強を教えてほしいそうだ。
断る理由もないし、人に頼られた事が嬉しくて僕はそのお願いを聞き入れる。

僕たちは同じ学校を受験。
恵さんにとっては難関校だったが、二人ともは無事合格する。

恵さんとは受験で苦楽を共にし、とても仲良くなっていた。
その恵さんと同じ学校に通えることに胸を踊らせていた。

僕たちの新生活はきっと楽しいものになる。

その…はずだった…。

◆本編113p
◆pdf同梱

寝取られエロ漫画 不倫中毒になったカノジョはより強い刺激を求めて寝取られ動画を彼氏に送る

ヒロくんの事が好きだったはずなのに…

先輩に無理やりセックスをされたあの日から全てが変わってしまいました。

知らないうちに私の体は大好きなヒロくんと体を重ねても満たされなくなり、いつしか性欲の吐口にされるような先輩とのセックスを欲するようになっていきました。

先輩の激しい交尾で強●的に恐怖は快楽に変えられ…私は浮気セックスをすることをやめられなくなっていました。

快楽の奴●になった私は…もっと強い刺激が欲しくなり…

=================================

初恋の彼氏に夢中のヒロインが先輩との寝取られセックスで堕ちていくお話です。

最初は脅されてずるずると浮気セックスを続けていきますが、いつしか自分から先輩とのセックスを求めるようになっていきます。

=================================

●登場人部

◆若葉
ヒロイン、はじめての彼氏ができて浮かれている。
先輩に騙され全てが崩れ始める

◆先輩
若葉をオナホのように扱う男

◆ヒロ
若葉の彼氏

●97ページ
●PDFファイルあり

寝取られエロ漫画 彼氏とのセックスが上手に出来ない私に、優しいおじさんがガチイキ交尾を教えてくれる。

「何だこの贅肉まみれのチビは?タダで俺からセックス教わる気か?」
「え…?」
「にぶいなぁ~もう。受講料だよ」
「ねぇ~さとちん?出せるよねぇ~?家お金持ちだもんね~?」

================================

千里には付き合って一年になる彼氏がいる。
デート終わりにはじめて彼から自分の家に誘われる。
千里が喜んだのも束の間、彼女はセックスが下手だったため関係がギクシャクしたままその日が終わってしまう

思い切ってその事を友達に話したら、sexを教えてくれるおじさんの所に一緒に行かないかと提案してくれた。

普通だったら絶対行かない所だが、千里は自分がかなり追い詰められている心情だったこともあって、友達とそのおじさんの住むアパートに向かった。

sexのノウハウを聞くだけで本番はしないと友達から聞いていたので、千里は浮気ではないと安心…していたのだが…?

◆106ページ
◆PDFファイル同梱