CATEGORY あとりえ牡丹

寝取られエロ漫画 みだらなおもちゃ4 〜お姉ちゃんが僕らの性玩具に堕ちるまで〜

主人公の柏木杏珠は毎年に夏になると必ず、生まれ故郷の実家に帰省することにしていた。
自然に囲まれた田舎の祖父の家での生活は、都会暮らしの彼女には新鮮だった。
地元に住んでいる年下の少年達(エイジ・タクヤ・シンジ)を連れて、まるで〇キ大将のように海や山で遊び回る日々。
気が弱くて甘えん坊のシンジ。ずる賢くて生意気なタクヤ。寡黙だがガタイのいいシンジ。
杏珠よりもだいぶ歳の離れた少年達だったが、田舎特有の近所付き合いの近さから、彼女にとっては弟分のような存在だった。しかし童心に帰って遊ぶ彼女とは反対に、少年達は成長をして女を意識するような年頃になりはじめる。すると杏珠の事を性欲の対象としてみるようになっていて…。
ある日、ひょんなことからタクヤとシンジは杏珠を強●してしまう。

無害だと思っていた少年達に暴行された彼女は、世間体や自身に恋人がいることなどから、自分に起こったことを誰に打ち明けることもできない。一方で一線を越えたタクヤ達は、事あるごとに杏珠にセクハラを繰り返し、度々性的な関係を持とうとせがんでくる。
そんな日々を過ごしているうちに、杏珠の彼氏までも彼女を追って田舎にやってきて…。

夏の田舎を舞台にヒロインが次第に堕ちていく様を描きます。

〇市民プール。彼氏のいない所でセクハラを受け続ける杏珠。
〇夏祭り。旧友と出会って盛り上がる彼氏たちから置いてきぼりにされがちな杏珠を、少年達が誘惑する。
〇露出散歩。田舎で人通りが少ないのを良い事に、タクヤ達は杏珠にリードを付けて散歩させることに…。
〇その他。

連作ではありますが前作を知らなくても十分楽しんでいただけるように作っております。
基本32枚
133ページ
サイズ2400×1800

寝取られエロ漫画 みだらなおもちゃ6 〜お姉ちゃんが僕らの性玩具に堕ちるまで〜

柏木杏珠は夏休みの間のお盆頃、かつて住んでいた祖父母の家に帰るのを楽しみにしていた。
駄菓子屋やバス停、神社や学校など、以前と変わらない素朴な街並みと自然に囲まれた環境は、都会暮らしに慣れた彼女には懐かしくも新鮮で、今年はエイジ、タクヤ、シンジという名の三人の●●とも知り合いになった。自分よりもだいぶ年下の彼らを引き連れ、紅一点童心に返って遊ぶ彼女だったが、一方で●●達はというと成熟し始めた杏珠の存在をしっかりと性的な対象として捉えていて――ある日堪えられなくなった彼らは、三人がかりで杏珠を強●してしまう。

被害に遭った杏珠は恋人もいる手前、その事実を公開することなどできなかった。
しかし●●達はそんな彼女の気持ちなどまるで気にする素振りもなく、当たり前のように性行為を求めるようになっていて、おまけに一度覚えた女の体に対する彼らの欲求は留まることはなく、何度も繰り返し杏珠の体で自分たちの性欲を満たした。
年下の●●三人に執拗に性行為を求められる日常。
せっかく会いに来てくれた彼氏に隠れて●●達に犯●れる日々。
しかしいつの間にか杏珠の中にもその行為そのものに快楽を見出すようになっていて、●●達と彼女の関係が単純な上下関係から次第に変化し始めている。特に性に関しては主導権を握られていて、変態的な命令にも表面上だけ苦い顔をしながらも従順になってしまっているのだった。
そしてついに、彼氏と別れるように命令されて…。

○『お泊り会』で地元の●●達と山間部の合宿施設に来た杏珠。年下の●●達に囲まれ、すっかり打ち解けた彼女は、おねだりされて大浴場の男風呂に一緒に入ることに…。
○『お泊り会』二日目。キャンプ場にてお昼ご飯。キャンプ場に行くまでのハイキングの途中から、既に男子達は杏珠の体に我慢できなくなってしまっていて…。
●●ャンプ場でも隠れてご奉仕をさせられている杏珠。しかし後から追いついたシンジに本番行為を要求されて、●●達に見られながら半ば無理矢理…。
○後日、実家の都合でエイジたちと外出していた途中、例の合宿で出会った●●達と再会してしまう。そのままの流れで彼らと露出行為を様々な場所でさせられ、最後はシンジに犯●れながら、女性の体の仕組みを詳しく●●達にレクチャーしてやる杏珠。興味津々な彼らを前に、本来人には見せられないようなことまで披露させられて…。
○その他、いくつかのシチュエーションを用意。

連作ではありますが、本作だけでも楽しんでいただけるようにしています。
基本30枚
全体142ページ
サイズ2400×1800

寝取られエロ漫画 蟲獄の姫 〜迷い込んだ蝶は美しい羽根を無傷では逃げられない〜

それはまだエルフと人間が長きにわたる戦争からようやく歩み寄りを始めた頃の時代。
エルフの国の貴族の娘であったリーゼロッテは、ギルドの仲間たちと来賓として或る人間の国を訪れていた。
しかし晩餐会の夜、エルフを憎む人間派の暴動に巻き込まれ、仲間の大半を失ってしまうことになる。
恋人でもありギルドの長でもあるオーウェンに、危ない所を助け出された彼女。
そんな彼女に、オーウェンは自分はまだ捕らえられている仲間たちを助けなければならないと言い、
彼女を安全に国外へ逃がすべく、護衛を付けて独り宵闇の中へ送り出したのだった。

姿を隠し、身分を偽って街道を進むリーゼロッテだったが、しかしとある村でトラブルに巻き込まれ、
手近な森へと姿を隠したのだった。――しかしその森は、人類が未だ踏破できていない未知の密林で、
異形の生物たちが跋扈する地獄のようなだった。あまりに広大で、危険な生物多いため、探検家すら
忌避するその森の先に何があるのかすら、未だに知られていないほど。
激烈な生存競争の中を生きる異形たちは、食欲と性欲をどんなものにでも向ける。
食えるものは何でも喰らい、交われるものは異種であったも構わない。
神から見放されたその世界に迷い込んだ、リーゼロッテに降りかかる悪夢。

それでも彼女は生き延びねばならなかった。
オーウェンと再会し、仲間たちを救うという崇高な目的が彼女にはあるから…。

基本12枚/全182ページ
サイズ1920×1440